ホースセラピーの効果

ホースセラピーの効果

ホースセラピーとは、動物と触れ合わせることでその人に内在するストレスを軽減させたり、あるいは当人に自信を 持たせたりといったことを通じて精神的な健康を回復させることができると考えられています。

不登校や引きこもりといった問題、あるいは小児がん(→悪性腫瘍)などの治癒力強化を目指す技術の1つとして知られ、馬など、情緒水準が高度と言われる哺乳類との交流を通じて、他者を信頼できるようになるといわれています。

他にも高齢者医療(→高齢者福祉)や難病など長期間の入院を余儀なくされている患者の気晴らしに動物と触れ合わせたりといった活動も知られており、情緒面での好作用によるクオリティ・オブ・ライフの改善といった期待ももたれています。

情緒障害や精神疾患などで対人関係に疲弊していた人の回復期に行ったり、または身体の障害でリハビリテーションを必要としている人に「動物の世話をさせる」という目的を与えて、それら作業を通じて リハビリを行うという様式も行われています。

しかしこれらの応用は始まったばかりでもあり、様々な分野で試行的に行われている部分があり、今後の研究に期待が寄せられています。

2010年03月17日

ホースセラピーの効果メニュー